寿司屋の逸品 | すし王国 能登七尾

 

夜に食べたい寿司屋の逸品
ゆっくりと味わいたい!という方は、
ぜひ夜のお寿司屋さんへ。
それぞれのお店の自慢の逸品が味わえます。

※季節や仕入れの状況により、
メニューを変更することもございます。

 

 

信寿しの「バク刺」

透き通るようなバク(カワハギ)の刺身と肝。濃厚な肝に淡白な白身がマッチして美味。

大将寿しの「能登ふぐの白子天ぷら」

実は、石川県は天然ふぐの漁獲量日本一を誇る。能登ふぐ(ゴマふぐ・マフグ)の濃厚な白子を天ぷらで味わえます。

たぶ屋の「ぶりの粕和え」

寒鰤のあら、冬の大根、新酒の酒粕が織りなす能登の冬ならではの珍味です。

夢市の「能登ふぐの唐揚げ」

能登ふぐの唐揚げは、ヘルシーなのにジューシー。能登の揚げ浜塩田の塩でいただきます。

松乃鮨の「自家製〆サバ」

獲れたてのサバを酢で浅く〆ました。新鮮な地魚が獲れる七尾ならではの一品です。

寿し一の「生クチコ」

ナマコの卵巣。干した物は出回りますが、生では冬の漁の時期しか味わえません。七尾を代表する珍味の一つです。